珈琲大学

コーヒー豆の選び方

全国各地にコーヒー豆を販売している店舗は2万店以上あると言われています。

そんな数あるお店の中で、どのお店からコーヒーを買っていいかわからない。

これは長年コーヒーを飲んでこられた方にもなかなか難しい問題です。

美味しいコーヒーの条件とは・・・?

・素材=良質な生豆

・焙煎=焙煎機と焙煎士の技量

・鮮度=焙煎してからの鮮度

この3つが挙げられます。

料理も、【素材・料理人の技量・調理からの鮮度】が重要ですよね?
それと同じです。なかでも、1番重要なのが鮮度です。

スーパーマーケットやデパートで「賞味期限一年」のコーヒー豆をよく目にしますよね。

そのコーヒーは一体いつ焙煎されたコーヒーなのでしょう。
コーヒーは焙煎後、炭酸ガスを放出し時間の経過とともに「酸化」していきます。 

酸化したコーヒーは体にも悪影響を及ぼしますし、味に大きな影響をもたらします。

まず、香りです。コーヒーの香りは揮発性ですので、焙煎後どんどん香りが失われていきます。

また、変な酸味も出てきてしまいせっかくのコーヒーの味わいが失われてしまうのです。

そういったコーヒーは、本来の味とはかけ離れてしまうわけですが残念ながら現実として存在します。

そこで当店がお薦めするのは、

焙煎日を明記している自家焙煎珈琲店です。

喫茶店や自家焙煎店で買っていても、専門店だからといって
新鮮だとは限りません。

現実に、酸化しているコーヒーを販売している喫茶店や自家焙煎店は沢山あります。

店内に色々なコーヒー豆が沢山展示してあったり、ウンチクが書かれていてもそれだけで信用はできません。

★もっとも大切なポイントは・・・

焙煎してからどの位経過しているかです。

コーヒー豆の味と香りのピークは焙煎後2~3日後になりますので、その期間内に焙煎されたものをお薦め致します。

どんなに有名なコーヒー(例えばブルーマウンテン)でも鮮度が悪いのでは、本来の味とは程遠いのですから。

★また、もう1つ大切なポイントは・・・

直火式の焙煎機だということ

焙煎する機械のことを「焙煎機」といいます。

焙煎機は、大きく分けて「熱風式」、「半熱風式」、「直火式」の3つがあります。

焙煎機ごとの味の特徴に関しては各焙煎機の味の特徴にて説明しておりますのでそちらをお読みください。

当店のこだわりとして「直火式」の焙煎機が、最も素材(生豆)のポテンシャルを発揮できるものと考えております。


<まとめ>

◎焙煎日を明記している自家焙煎店から購入すること

◎直火式の焙煎機で煎っていること

以上に注意して美味しいコーヒーをお選びください。

  会員登録で300ポイントプレゼント

" target="_self">LINE@お友達募集中

発送カレンダー
  • 今日
  • 発送不可

ご注文は24時間受け付けております

インターネットからご注文・メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。土日祝日のご注文・受注確認・お問い合わせは翌営業日となります。

電話窓口
FAX窓口


数あるコーヒーショップの中から当店にご来店頂きまして誠にありがとうございます。 当店では、世界中のコーヒーがそれぞれ持っているストーリーをお客様に感じて頂き『美味しい』はもちろん、『コーヒーって楽しい!』と感じて頂けるような商品づくり、サービスを心がけております。

ページトップへ