珈琲大学

コーヒー豆の挽き方とその特徴

◎慣れないうちは、コーヒー豆を挽く時に「どの位の大きさに挽けばいいか分からない」という方もいらっしゃるかと思います。

★コーヒー豆の挽き方には・・・、

・極細挽き・・・エスプレッソ用

・中細挽き・・・コーヒーメーカー用

・中挽き・・・ペーパードリップ用

・中粗挽き・・・ネルドリップ・サイフォン用

・粗挽き・・・パーコレーター用

の5つがございます。

細かく挽けば豆の成分が出やすいので濃い味になります。
しかし雑味も出易くなりますので注意が必要です。

粗挽きにして、粉の量を多くし旨味成分のみを抽出しているお店もございます。
コストを気にしなければ、かなり贅沢な飲み方です。

ちなみに当店でお出しするコーヒーにも、1杯(120cc)のコーヒーに対して20g(メジャースプーン2杯分)の粉を使用しております。

★ミルについて・・・

ご家庭でコーヒー豆を挽く場合、ミルが必要になります。
ミルとは、コーヒー豆を粉状に粉砕、またはカットするものです。

コーヒー豆は味の品質を守る為、「煎豆のまま」お買上げ頂きご家庭のミルで飲む度にお挽き頂くことをお薦め致します。

粉状にするとコーヒーの酸化が促進され、味と香りの劣化が急速に早まる為です。

ミルには、豆を粉砕する「グライディングミル」と豆を高速にカットする「カッティングミル」があります。

※グライディングミルとは・・・

二枚の盤の間にコーヒー豆を挟み込み、砕いて挽くミル。

※カッティングミルとは・・・

二枚の盤にカット刃を取り付け、豆への加熱をセーブしてカッターで切って挽くミル。


当店でお薦めするのは、カッティングミルです。
何故ならグラインドミルだと粉を粉砕する為、豆に熱が伝わりやすく味の劣化をもたらす為です。

※おすすめミル・・・カリタ ナイスカットミル
業務用の性能をご家庭で。豆への加熱を防ぎ、味の劣化を抑えます。粗挽きからエスプレッソ用の極細挽きも可能です。使用時の運転音や振動も少なめ。

<まとめ>

◎コーヒーは「煎豆のまま」購入し、ご家庭でミルで挽く。

◎器具に合ったコーヒー豆の挽き方をする

  会員登録で300ポイントプレゼント

" target="_self">LINE@お友達募集中

発送カレンダー
  • 今日
  • 発送不可

ご注文は24時間受け付けております

インターネットからご注文・メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。土日祝日のご注文・受注確認・お問い合わせは翌営業日となります。

電話窓口
FAX窓口


数あるコーヒーショップの中から当店にご来店頂きまして誠にありがとうございます。 当店では、世界中のコーヒーがそれぞれ持っているストーリーをお客様に感じて頂き『美味しい』はもちろん、『コーヒーって楽しい!』と感じて頂けるような商品づくり、サービスを心がけております。

ページトップへ