珈琲大学

フェアトレードについて

フェアトレード



 フェアトレードは、1960年代に、経済的、社会的に立場の弱い生産者に対して通常の国際市場価格よりも高めに設定した価格で継続的に農産物や手工芸品などを取引しています。

発展途上国の自立を促すという人道的側面が強い運動としてヨーロッパから始まりましたが、現在では、経済的、社会的、環境的問題のバランスをとりつつ、途上国の持続可能な経済発展と貧困解消のために重要な役割を果たしています。

フェアトレードのマークのついた製品は、環境に優しい農業やよりよい組合の運営などに取り組む生産者に対して、生産者が本当に必要な代金を前払いしたり、長期の取引を保証しているものです。

定期的な収入を得ることによって、生産者は安定した生活を送り、それにより彼ら自身で社会を発展させ、また土や水に無理な負担をかけることなく良質な作物づくりに励むことができるのです。

 一般のマーケットにフェアトレード商品を広めるために、基準を作り、それを消費者に知らせるラベル運動は、1988年オランダでマックスハベラーとして、1992年にはドイツでトランスフェアインターナショナルとして組織されました。

その後、1997年には統一組織としてFLO(Fairtrade Labeling Organizations International,[国際フェアトレードラベル機構」)が発足しました。

ヨーロッパやアメリカ、カナダ、日本などの21カ国の国レベル組織が加盟し、現在は、南の58ヶ国の674の生産者団体及び北の2200社の関連企業と連帯して世界的に活動を広げています。

 現在、中南米、アフリカそしてアジアの58カ国で140万人の生産者,家族を含む700万が、フェアトレードの恩恵を受けています。

2006年度のフェアトレードラベル商品総売り上げ、2600億円のうち生産者が独自に、社会開発や教育事業に使用する奨励金は約160億円と推定されます。

 2005年から2006 年の間に、世界のフェアトレード・ラベル製品の推定小売価格は1700億円から2600億円と拡大しています。これはここ数年、フェアトレードが着実に加速度的に成長してきたことを示すものです。

フェアトレード市場が急速に成長している国は、スウェーデン、フランス、米国などで、2004年から2005年の全体の販売量でアメリカが60 %、フランスが57 %、スウェーデンが69 %の成長率でした。

もっとも大きなフェアトレード市場は、米国とイギリスで、両国で約900 億円のフェアトレード・ラベル製品を販売しています。フェアトレード・ラベル商品の市場普及率が最も大きい国はスイスとオランダで、フェアトレード商品に対してスイスの2004 年一人当たり消費額は2949 円、ついでイギリスで支払額は一人当たり約508 円でした。

日本は残念ながら2.9 円に過ぎません。その他種々のフェアトレード・ラベル製品の販売も増え続けています。

 日本のラベル商品の売上げも、2005年の約4億円から、2006年は約8億円と倍増していますが、ヨーロッパ、北米の量とは比較にならないほど少量に過ぎません。

 FLOフェアトレード規格は、コーヒー、紅茶、チョコレート、砂糖、はちみつ、バナナやマンゴなどの果物、ドライフルーツ、フルーツジュース、米、ナッツ、香辛料、ワイン、切花、綿製品、ジャガイモやえんどう豆の野菜、サッカーボールに定められており、さらにパパイヤなどのトロピカルフルーツ、オリーブ、エビなどの魚介類、その他の熱帯産の日用品に対する規格が定められようとしています。

  会員登録で300ポイントプレゼント

" target="_self">LINE@お友達募集中

発送カレンダー
  • 今日
  • 発送不可

ご注文は24時間受け付けております

インターネットからご注文・メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。土日祝日のご注文・受注確認・お問い合わせは翌営業日となります。

電話窓口
FAX窓口


数あるコーヒーショップの中から当店にご来店頂きまして誠にありがとうございます。 当店では、世界中のコーヒーがそれぞれ持っているストーリーをお客様に感じて頂き『美味しい』はもちろん、『コーヒーって楽しい!』と感じて頂けるような商品づくり、サービスを心がけております。

ページトップへ